こちらはラテンアメリカ・スペイン語版「この世界の片隅に」ですずさんを演じたErika Langaricaさんからの感謝メッセージを翻訳したものです。


多謝。

経済的、精神的な支援、素敵なメッセージや私達のために祈って下さりありがとうございました。:’)

吹き替えの仲間、友人、家族、そして親愛なるファンの皆様が、私の赤ちゃんと私に無条件の支援をして下さったことに感謝しています。

おかげさまで、病院で清算を終えることが出来て、メキシコシティに赤ちゃんを移せることになりました。なので、これ以上の支援金を頂く必要が無くなりました。

代わりにと言っては何ですが、私の赤ちゃんの健康と幸せのため、引き続き祈っては頂けないでしょうか。というのも、頂いた診断結果は順調なものではなく、赤ちゃんは予断を許さない状況で、その十分な認識と準備が必要だといわれました…

どうか、引き続き赤ちゃんの健康をお祈りいただけないでしょうか。そして皆様の想いとポジティブなエネルギーを私の娘(赤ちゃん)に送り続けて欲しいのです。いつか皆様に、私が娘(赤ちゃん)を腕に抱いて家に帰り、素晴らしい人生を共に歩み始めることが出来るようになったという、素敵なお知らせが出来るように。:,)


メッセージが掲載された彼女のfacebookの投稿はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です