『空色心経』備忘録(第2期)

The view from Mt. Haigamine

祝 連載再開

摩訶般若波羅蜜多心経(般若心経)

こうの史代(2023-2024)『空色心経』 https://ameblo.jp/k234-2021/

『空色心経』は般若心経を考えていく漫画、ということですので、そもそも般若心経に何が書いてあるのかを含め、気づきました点を連載に沿って記していきたいと思います。


祝再開

‘舎利子是諸法空相’
観自在菩薩は(これ迄言及されたのも含め)あらゆる基本的要素に実体は無い、と舎利子に語っています。
実体が無いので ‘漂う’ 事もありません。


この見開きは釈迦が説いた ‘諸行無常’ を表している風ですが、般若心経ではそれ自体錯覚故、当然 ‘不生不滅’ なのだと釈迦の教えを否定しています。
ましてや、それがいつであるかという点など、初めから問題にさえなっていません…


‘眼’ ‘耳’ ‘鼻’ ‘舌’ ‘身’ ‘意’ は人の認識器官であわせて ‘六根’
‘身’ は触覚です。だからぬいぐるみ(だよね?)を抱き上げてその触り心地を感じているわけですね。
で、その釈迦の教えを般若心経では ‘無’ と否定しているわけです。


‘意’ は心で思い浮かべたりして認識することを指すのですが、これも他の五感と同列の認識器官と捉えて、あわせて ‘六根’ なのです。


比叡山で買ったキーホルダーがありますから、弁当食べたのは蒼君ということでしょうが、これだけ ‘無’ が繰り返されるとなれば、実は居ないのだったりして(←そんなB級的展開なわけないやん!)


’是故空中無色’ は

空中に噴霧した除菌スプレーに色が無くて透明…
とかではなく

「それゆえ実体がない状態(空)に於いては物質(色)はない(虚像)」
という意味です。

ところで あい さんは便器に向かって何してたのでしょう…?


’是故空中無色’ の最初2文字は
日本では ‘ゼーコー’ と読むようですが
中国語ではshìgùと読むようです。

空中無色な除菌スプレーの ‘しゆこしゆこ’ という音はこの2つの合わせ技かも!?



『空色心経』続きはどうなるのでしょうか…


第1期はこちら


『この世界の片隅に』の色々も書かせて頂いております。宜しければご覧下さい。


  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次