このページを脚注とする投稿は、こうの史代先生の「この世界の片隅に」という作品を読ませて頂いた際に個人的に気づいた点を記した備忘録です(ので、自分で見つける楽しみを損ないたくない方は、これら一連の投稿をお読みにならないようお願いいたします)。簡素な記述とするため断言調になっていますが、あくまでも個人的な感想です。論考の通例に従い、登場人物の敬称は略しております。

内容、ページ数は以下のコミックスを元にしています。

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 上』双葉社.

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社.

こうの史代(2009)『この世界の片隅に 下』双葉社.

35 thoughts on “脚注

Comments are closed.