Snow Leopardを導入した我がMacBook Pro(Core 2 Duo)に、年末の帰省時に利用しようとPocket Wi-Fiのdriver softwareもinstall。これでPocket Wi-Fiのbatteryを心配することなくmobileでも利用できるぞとほくそ笑んでいたら、マクドなどで利用できるmobilepointになぜか接続できなくなっていることに気がついた。Leopardの時は、web browserを立ち上げると自動的に認証画面が表示されていたのに、それが全く表示されなくなってしまったのだ。な、なんで?
早速iPod touchで検索してみるも、そんな間抜けな問題に遭遇している同志は見当たらない。AirMacの問題かと思い、「使ったことのあるネットワーク」に記憶されているネットワークを削除して接続し直してみたり、WEPパスワードの方式を変えてみたりと、数日の試行錯誤の結果、ネットワーク環境設定の「DNSサーバ」の欄に登録していたアドレスと検索ドメインを削除したらあっさり認証画面が表示された。
この登録していたアドレスと検索ドメインというのは、プロバイダ(Nifty)へのアクセスが高速化するとどこかで読んで登録していたもので、だいぶ昔に登録したのですっかり存在を忘れていたが、MacOS Xの度重なるupgradeの度に設定が引き継がれてきていたのであった。Leopardまでは問題を引き起こすことはなかったのだが、Snow Leopardでは認証画面へのリダイレクトに影響するらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です