遅ればせながら MacBook Pro (15-inch, Late 2011) と Mac mini (Late 2014) を macOS Sierra に upgrade した。
最初に作業した MacBook Pro の方は internet が繋がらなくなり、Norton Internet Security がわけのわからない警告を出しまくり、速度が異常に低下するという事態に陥ったが、PRAMクリア、SMCリセット、OnyXによるDNSキャッシュのクリアでどうにか正常動作に復帰。El Capitan で生じていた Finder の「ファイル」メニュー が起動直後の 1 回だけ表示に異常に時間を要するという不具合もなくなり、概ね快適。
そういうわけで、Mac mini の方は警戒しながら作業したが、こちらは特段問題なく作業が終了した。なお Mac mini の方は iCloud 経由で iOS6 デバイスと同期しているため、メモ.app の内容をアップグレードしていないのだが、Sierra にしたら、iOS9→iOS10 の時のように強制的に upgrade されるのかと思ったら、されずにすんだので、一応ご報告。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です