Lionの姿も少しずつ現れつつある今頃になって、遅ればせながらSnow LeopardをMacBook Pro(15inch Core 2 Duo)に新規にInstallした。もうVersionが10.6.5になっている。DesktopのIconが勝手に並び変わるとかいうFinderの不具合もないようだ。AdobeのCS3もSnow Leopard対応のCS5に入れ直して順調順調…と思いきや、Acrobat Pro 9がこんなMessageを出して全く起動せず、Serial Number入力の画面にさえたどり着けない。

Licencing_not_working

Serial Number入力する前からそんなこと言われても、どうしたらええねん。正規Userなのに、何でこんな目に遭わなきゃならないの…とぶつぶつつぶやきつつも、解決策を求めてGoogle検索。少し手間取りはしたものの、
http://kb2.adobe.com/jp/cps/236/236044.html
に、いくつか解決策が書いてあった。そのうち最初に書いてあった
Macintosh HD/ライブラリ/Preferences/FLEXnet Publisher
を削除したらあっさり起動。
そういえば8.2.4にUpdateしたときも起動しなくなったが、それもUpdaterの不備であったこともついでに発見した。あのときはわけがわからず放置しておいたらいつの間にか起動するようになっていたが、単に8.2.5にUpdateしたときについでに直った、ということのようだ。
不正利用対策か何か知らないけれど、不正利用する人のために正規利用者が不便を強いられるのは本当に納得がいかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です