Mac OS X Yosemite 10.10.5で、「Creative Cloud デスクトップを常に最新に保つ」にチェックを入れたままにしておいたら、「Creative Cloud 3.4.2.187」へのアップデートがかかった際に、進捗2% のところで「ファイルのダウンロード中に問題が発生した可能性があります。エラーコード204」と出てしまうトラブルが発生。Mac を再起動しても状況変わらず。キャンセルして再試行しているうちに、「この製品を更新する前に現在実行している別のインストーラーを終了する必要があります。エラーコード81」と言いだす始末。アクティビティモニタでそれらしきプロセスを kill しても状況が変わらないので、Creative Cloud Uninstaller を使ってアンインストール、Creative Cloud Installer で再インストールを試みると「インストーラーは重要なファイル/ディレクトリをコピーできませんでした。エラーコード43」ですと。
しまった、こういう時に限って TimeMachine 止めたままだった、と後悔するも時すでに遅し。すがる思いでネットを検索すると、こちらの記事
http://hustlemouse.com/archives/624/
が似たような状況のご様子。早速参考にさせていただき、まずは Adobe Creative Cloud Cleaner Tool を作動させるも、なぜか固まって動かず。困ったと思い、やけくそで関連ファイルを削除してから、ApplicationManager9.0_all をインストールし、「/Applications/Utilities/Adobe Application Manager/core/Adobe Application Manager.app」を起動したら、なぜか Creative Cloud デスクトップが復活していて動作するではありませんか。Adobe ID を入れてアップデートをかけたら、無事に CC アプリ群も最新版に更新成功。あーよかった。ここまでに3時間ほど費やす。
教訓: 自動更新はやはり危険。するならこまめに TimeMachine を作動させよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です