りんどう柄の茶碗

p46で柱の側にあるりんどう柄の茶碗がp45の同じ場所に「ない」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p45)

何かが登場する時にはその前にさり気なく存在を描き込んでいることが多い(例えばp46)のりんどう柄の茶碗の次のコマの周作の下駄のように)事からみても、この重要な品の存在が予め描かれていないのは不自然で作為的。

下段左のコマの左上に、周作の脱いだ下駄がある

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p46)

ので、この時点で布団を裏返しに屋根に登っている。同じコマで径子が紹介状を伯父から受け取っている。勿論次回第18回で径子が働きに出る(ことですずが一人で考える時間が持て、結果周作とリンとの関係に思い至る)伏線。これだけ周到に様々な事柄が準備されているのに、りんどう柄の茶碗だけは不自然に突然登場(リン本人もだが)するのだ。

「わたしも知らん」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p47)

周作がおそらく1年前に買った筈の茶碗。径子は嫁いでいるから気づかないとして、サンは気づいていなかったのだろうか? あるいは気づいていたが、話がリンの事に及ぶのであえて言わなかったのか?

「すずさんも お茶にし」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p47)

そんな風に気遣ってくれている(のだろう)姑がお茶を出しているのに無視するすず。

作者による仕掛けの数々

「子供達は 兵隊や嫁に行って」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p43)

北條家もそうである筈なのに。

前回に引き続き、読者は誰もが疑問に思う。何故周作は戦地に行っていないのか?

「好き嫌いと 合う合わんは 別じゃけえね」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p47)

家族であることと血の繋がりもまた別。

背景に微妙な表情の径子が描かれていることから、好き嫌いで嫁いだ径子が嫁ぎ先で義理の両親と折り合いが悪かったことも遠回しに言っているのであろう。

「明るい?」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p48)

背景ははしごを登るすずに合わせたもので、径子の背景としては整合的でなく、一コマであるが径子を映すカメラ視点がすずのそれとは明らかに異なる。同様に、一つのコマ内に2つの視点が同時に区別なく描かれる事がこの作品ではあるのだ。

見合いをさせたい小林の伯母さんと、自分で決めたい径子

「一時の気の迷いで 変な子に決めんで ほんま良かった」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p47)

p48)で晴美以外の一同が凍りついていることから、「変な子」とはリンの事(で、リンの事はすずには内緒という暗黙の了解があったもの)と推定される。

小林の伯母さんは、夫である小林の伯父に径子が紹介状を依頼してきたことから、(仕事ではなく)見合い話を持ち出すきっかけにと、その暗黙の了解を(一応ややぼかした形でではあるが意図的に)反故にする形でリンの事を話題にした。

「径子ちゃん にもエエ話 持って来て あげんと ねえ」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p49)

と(企み通り)言う小林の伯母さんに対し、径子は不要という仕草。小林の伯母さんが本当にエエ話を持ってくるのかはさておき、径子は他人の持ってきた話に乗って再婚する気はない(仮に再婚するとしても、仕事と同様に、自分で探して自分で決めた相手とでなければ)ということだろうか。

女々しい周作と聡いすず

「…よいよ / おしゃべりな / ………伯母さん じゃのう」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p49)

と言いながら、猫についたノミを伯母さんめがけていくつも投げ捨てる周作。

小林の伯母さんに余計なことを言って欲しくなかった、という趣旨の描写であろうから、周作はすずにリンの事を話す気はなかった。

またこの周作の振る舞いで、小林の伯母さんが何か周作に不都合な事を言ったのだという事がすずにも判ってしまった。

「すずさんにやる 使うたってくれ」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p49)

すずが毎日使う、即ちリンを思い出す事になるが…あるいは「女々しい」と思われていると感じた周作がそうではないと示すためあえてなのか。

「嫁に来てくれる人に やろう思うて 昔買うとった物じゃ」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p49)

周作の言う「嫁に来てくれる人」はリンの事だが、すずにも読者にもそうした事情はこの段階では明示されていない。ただすずは小林の伯母さんの発言や周作の妙な言い回しから「嫁に来てくれる人」が自分のことではないなと察知し「ありゃ! 有難う ございます」と気づかないふりはしつつ「…ほいでもなんか 勿体ないみたい」「しもうとって ええですか?」と、このりんどう柄の茶碗を使うべき人は自分ではない、と暗に伝えようとしている。

「ああ そう してくれ」「どうにも 見るに たえん」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p50)

「…ほいでもなんか 勿体ないみたい」「しもうとって ええですか?」とやんわりすずが断ってきたので、周作は、すずにりんどう柄の茶碗を毎日使われるのは「どうにも 見るに たえん」と正直な気持ちを話した。

「すずさんだって 気づいとんじゃろう」「確かにわしゃ 暗いわい!!」「ほいでも 女々しい 思うとろう」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p50)

別の女に未練があるとすずに知られてしまった、と恥じた周作が半ばやけっぱちで騒いでしまい、径子に「なん暴れとんね!?」と叱られる(おそらくは子供の時分から、同じように径子に言われ続けているのであろう…で、叱られ続けてもなおらないように、未練の方も無くなるどころか再燃するのであった(※後にこっそり描かれます))。


目次に戻る


  • 更新履歴
    • 2022/03/06 – v1.0

1 thought on “第17回(19年10月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。