径子の意地悪ではない

「…今日は すずさんには 寄らんのん」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p52)

竹槍作りを予定していると聞いた径子が、近づくと危険と考えて晴美に言いつけたもの。結果、すずは一人となることで、晴美に気を取られることなく、りんどうの秘密に気づくことが出来た。

「滑るけえ そこに居り」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p52)

径子の意地悪なのかと思うすず。晴美が居るのは20年9月に径子が滑り落ちる場所の辺り。滑りやすいということを予め描いている。

継ぎ当ての柄

上段中央のすずの左足の膝の継ぎ当てと、リンの袋の柄が同じ

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p54)

この継ぎ当ては晴美初登場の第5回19年3月に既に登場している。大潮の頃(10年8月)で森田イトが着ていた着物と同じ柄。また結婚式の日にキセノやすみが持っていた風呂敷とも同じ柄。

径子に「作れ今すぐ」と言われるまで仕立て直しをしたことのなさそうなすずであるので、この継ぎ当てのもんぺはその状態で浦野家から持参したか、あるいは継ぎ当て用に持参した布かもしれない。いずれにしても、リンが森田イトと現実に接点を持っていたことは間違いない。しかし10年春にはリンは呉に移動している。「9年8月なのにすずの記憶違い」だとしても8年生まれ(※作中で後ほど明らかにされる)の千鶴子がいないのはおかしい。8年8月だとしてもマリナが千鶴子を妊娠しているはずなのにしていないし、そもそも冬の記憶が9年1月であり、話の順序が時系列でなくなる。さて?

リンとの別れの経緯

左上のコマで取り出そうとしているのは手切れ金?

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p55)

中段で周作と思しき人が涙を落としながら帳面に何か書こうとしていて、次に誰かがその切れ端を持っている。

周作は別に身許票が書きたかったわけではなくて、(手切金か何かを誰か別の人がリンに渡すという事になり、その際)相手の女の名前と居所を書くよう求められたのだろう。それで涙ながら書いたと。

血液型と振り仮名は、この切れ端が(恐らくは身許票代わりに)リンに渡された時、リンが読めるように、また、身許票としては血液型が必要だということで誰かが書き足したもので、血液型の記載が不自然に左端に寄っているのは、後から書き足した為だろう。

昭和18年と題されたノート

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p56)

リンが持つ切れ端に彼女の名前を記したのが、すずとの婚姻の前年ということ。

すずが「知ってしまう」予感

「ほいでも なんで 知らんでええことか どうかは 知ってしまうまで 判らんのかね」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p58)

知ってしまうこととは、周作とリンの事だが、もう二つ、20年4月3日と20年8月15日に「知ってしまうこと」の伏線にもなっている。しかもこれが20年4月3日(内容的には20年2月の関係のこと)と20年8月15日の伏線でもあることを暗示するように、この回ですずがせっせと作っているのは(帝国の最終兵器)竹槍である。


目次に戻る


  • 更新履歴
    • 2022/03/07 – v1.0

2 thoughts on “第18回(19年10月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。