リンとすずは同い年

中段左のコマで、酒代として4円で売られたリン

こうの史代(2009)『この世界の片隅に 下』双葉社. p106)

芋のとれる秋、リンは売られた。赤子をおぶっているということは首がすわっているわけだから出生直後ではない筈。恐らく母が出産で亡くなり、赤子の面倒をみるため小学校に行けなくなったのが小学1年の秋で、その翌年の秋(8歳=小学2年)に売られ、9歳=小学3年の夏迄に売られた先を逃げ出して(ただし逃げ出した理由はやむを得ない事故である)草津の森田イトに匿われたのだろう。「大潮の頃」は(10年8月)だからその前年であり、その年に9歳ということはすずと同い年。

会った事がなくても「Pay It Forward」

中段右のコマ、右半分のすずのあたりは描線がやや薄い

こうの史代(2009)『この世界の片隅に 下』双葉社. p108)

左半分は昭和9年の夏〜昭和10年の早春までのいずれか(すいかを食べているから恐らく9年の夏)、右半分のすずのあたりは昭和10年8月(しかもすずは目をこすっていて、周りを見ていない)。一つのコマに2つの時間が描かれている。リンとすずは直接は会っていない。

赤い所もあるすいかをイトに食べさせて貰ってから草津を出たのだろう。だからすずに描いて欲しい筆頭がすいかなのだ。はっか糖、わらび餅もイトが食べさせたのだろう。

国防と産業大博覧会で、朝日遊廓の売春宿の年老いた女主人にあいすくりいむを食べさせて貰うリン

こうの史代(2009)『この世界の片隅に 下』双葉社. p109)

森田イトに優しくして貰った(もしかしたら電車賃くらいは持たされたのかもしれない)ので、売春宿の年老いた女主人に気を許したのか、或いは(別人ではあるが、映画「Pay It Forward」のように)恩返し(恩送り)の一環とリンは考えたのかもしれない。

準備よく逃亡する周作

「うん… みな 準備がええ」

こうの史代(2009)『この世界の片隅に 下』双葉社. p107)

この日は10月6日。占領軍が上陸するというので、皆は家の中、周作は上官と逃亡。「周作も準備がええ」。勿論上官のお陰(この後再就職の口ききもして貰える)。

「絶対戻って 来て下さいね」「当たり前じゃ」

こうの史代(2009)『この世界の片隅に 下』双葉社. p108)

戦犯として捕まれば戻れない。

記憶の切れ端の寄せ集め

「…知っとろう そこの二つめの 角を左じゃ」

こうの史代(2009)『この世界の片隅に 下』双葉社. p110)

すずが初めて迷い込んだのと同じ門から入る道のり。周作は7月2日朝の時点で(リンがどうなったのか)確認済み。

「秘密は無かった事になる」

こうの史代(2009)『この世界の片隅に 下』双葉社. p111)

「リンと周作の秘密」だと読者は思うところだが、テルに関わる秘密も。隣のコマにはわざわざテルとの場面が描かれているし。

「リンさんの事 秘密じゃなく してしもうた」

こうの史代(2009)『この世界の片隅に 下』双葉社. p112)

折角リンが何も知らないふりをしてくれていたのに。

なお、秘密じゃなくしてしもうたのは、周作に対して、すずがリンという存在を知っているぞ、という部分。テルに関わる秘密は、引き続き秘密のまま。

「リンさんが死んで、良かったと思ってしまっている」ことも。

「これはこれで ゼイタクな 気がするよ…」

こうの史代(2009)『この世界の片隅に 下』双葉社. p112)

りんどう柄の茶碗の破片を拾って持つすず。リンは秘密を独り占めできることがゼイタクだと言ったが、秘密を、記憶を分かち合うこともゼイタクだと考えている。なぜならお互いに分かち合った記憶の切れ端の寄せ集めが自分なのだから。


目次に戻る

「大潮の頃(10年8月)」に進む


  • 更新履歴
    • 2022/04/17 – v1.0

1 thought on “第41回 りんどうの秘密(20年10月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。