この回の基本的からくり

径子28歳、すず19歳、久夫7歳

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p70〜73

19年6月で晴美6歳、周作はすずの4歳年上なので23歳だから、径子とは5歳違い。で、径子、すず、久夫以外の相談者の年齢はそれぞれ、この作品のいずれかの登場人物の年齢の一つ下、なのである。何故そんな手の込んだことをしているのかというと、ある登場人物の年齢が、この物語の重要な設定に気づかせる鍵になっているから。

示唆される登場人物の年齢

「この頃は警戒警報と 天井裏のねずみがうるそうて よう眠れませんわい。」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p68)

60歳は明治17年生まれ。小林の伯母(明治16年生まれと推定)の一つ下。

「良人が近所の防空壕堀りを 手伝わぬので肩身が狭うございます。 如何すべきか。」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p68)

41歳は明治36年生まれ。浦野キセノ(寅年なので明治35年生まれ)の一つ下。

回答の「ホウキ」は「(庭を掃く)箒」と「(近所の防空壕掘りの義務を)放棄」の掛詞だろうか。

「前からの女工さんと 仲良く出来ません」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p69)

17歳は昭和2年生まれ。浦野すみ(寅年なので大正15年/昭和元年生まれ)の一つ下。

「大声にて必ず先に挨拶し 威圧感を与へませう」という解決策は、そのまま上巻p89)の、径子のすずへの態度そのもの。仲良く…できたっけ???

「先生がヒイキするので 国民学校がつまりません。」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p69)

10歳は昭和9年生まれ。森田千鶴子(サクラ読本の最後の世代なら昭和8年生まれ)の一つ下。

「良人が 贈つて呉れた 白金の指輪の 供出を頑として 許可しません。 ケチと言うか 非国民と言うか…。」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p70)

50歳は明治27年生まれ。北條サン(明治26年生まれと推定)の一つ下。

なお「軍需省、白金の強制買上げを開始」は昭和19年10月15日。

で、良人が指輪の供出を頑として許可しないのは、それが偽物だとバレるから。なので「ワケは絶対問いたださぬ事」という回答になる。

恐らくは憲兵のように威張り散らしているであろう婦人会幹部五十歳が、(本人は惚気ているつもりだろうが)身内から虚仮にされている可笑しみ。

「こんなお手紙が浄財箱に 入つてをりましてね。」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p69)

70歳は明治7年生まれ。森田イト(明治6年生まれと推定)の一つ下。

なお、手紙のオリジナル(?)は1943年に大阪で出回ったという「我々はもう戦争はあきあきしました。一日も早く平和の来るよう神様にお祈りいたしましょう。此の葉書を受取った方は此の葉書の通り書いてあなたの知人二人にお出し下さい。早く平和の日がきます。」

浄財箱に入っていた手紙は、神様が省かれ(寺だからだろうか)、葉書が手紙になり、知人二人が五人に、郵送ではなく手渡しに変更されている他、冒頭に「此れは不幸の手紙ではありません。」が追加されている(実際のところ、当時流行していたのは(内容的には同類とはいえ)幸運の手紙で、不幸の手紙というのは戦後に子供達の間で流行したものらしい。なので昭和19年当時にわざわざ「不幸の手紙ではない」とことわる必要は実はない。p74)「流行を先取りしとる」ということだろう)。

最終回 しあはせの手紙(21年1月)の下準備ということならば、「しあはせの手紙」はとても長いので、葉書を手紙に変更し、(孤児の少女を連れて行ったすずと周作を除く)北條家の5名が受け取り先だから知人二人を五人にした上で郵送ではなく手渡し(すずと周作が直接連れて行ったから)に変更というのも頷けるところ。

そして北條家の(すずと周作を除く)5名ということは、晴美が北條家からいなくなることもこの時点で既に予定されていた。

「まじめに働く人 すべてが馬鹿に見えます」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p71)

20歳は大正13年生まれ。浦野要一(すずが尋常小学校6年生の時に高等小学校2年なので大正12年生まれ)の一つ下。

径子と違い、ご飯を焦がさぬようかまどに張り付きっぱなしのすずが「まじめに働く人」。

そして、回答(アドバイス)は活かされないのが世の常(多分どれ一つとして)

「ワケは 絶対 問ひたださぬ 事。」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p70)

問うなと言われれば益々問いただしたくなるもの。というか、相談に回答している風でいて実は「それにはワケがある」と相談者が気づいていない事をばらしてしまっている。

「実の妹御と思つて可愛がり 気長に指導してお上げなさい。」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p70)

p74)上段右のコマで、径子は部屋に入って目撃したが、上段左のコマは上から下に行くに従って径子が遠くなり、下段右のコマでさらに、引き戸を段々閉めて行く。アドバイスのように指導することは出来なかったようだ。

「いづれ山程お菓子や玩具を持つて母と妹が会ひに行きます。」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 中』双葉社. p73)

少なくとも晴美は会いに行けなかった。


目次に戻る


  • 更新履歴
    • 2022/03/08 – v1.0

1 thought on “第20回(19年11月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。