出征の予感

この時点で既に「森田の叔父さん」は不在

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 上』双葉社. p73)

森田家宛の絵葉書で、さりげなく、出征した事が示されている。もちろん「鬼いちゃん」も。但しこの時点では存命と、少なくともすずには認識されている。

そして、(該当する年齢の男性は皆出征しているのだから、周作も出征するのではないかと予感させることが)次の第4回のオチの伏線でもある。

ほくろが決め手…なのだろうか?

うちらどっかで 会いましたか?

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 上』双葉社. p75)

水原哲からの疑問をそのまま口にするすず。

ほいで昔も ここへほくろが あった

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 上』双葉社. p76)

下巻p138)「初めて会うたんは ここじゃ」「わしは すずさんは いつでも すぐわかる ここへほくろが あるけえ すぐわかるで」に繋がる伏線。だが実はそれは、ほくろが「その人であることを示す」という一般的な意味合いではないのだった。

新婚初日にも小学校時代からの筆入れ

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 上』双葉社. p73)

絵柄は梅に鶯…ではなくて、梅にメジロ。「梅に鶯」は梅と鶯の「鳴き声」の取り合わせのことで、メジロはその時期目に付きやすいことから、鶯と混同されがち。つまりすずも誰かと混同されている、ということを示しているのだ。

「同じく姉上。 周作さんに ソツクリなのです。」

こうの史代(2008)『この世界の片隅に 上』双葉社. p73)

そして下巻p39)「ほんまに周作さんに 似とりんさる」という重要な台詞の下準備が早くもなされている。


目次に戻る


  • 更新履歴
    • 2022/02/21 – v1.0

1 thought on “第3回(19年2月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。